フレグランス コスメティック バレエ アート グルメ に 日々思うこと


by yumimille
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

歌舞伎座6月のさよなら公演

KABUKIZA
歌舞伎座

歌舞伎座さよなら公演 6月

昼の部の演目は

一、正札附根元草摺(しょうふだつきこんげんくさずり)
二、双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき) 角力場
三、蝶の道行(ちょうのみちゆき)
四、女殺油地獄(おんなごろしあぶらのじごく)

特に女殺油地獄(おんなごろしあぶらのじごく)は 
片岡仁左衛門丈の一世一代ということで
楽しみでした

女殺油地獄(おんなごろしあぶらのじごく) すごいタイトルです

初めて観たのは 昭和55年7月 国立劇場でした
歌舞伎 って古いお芝居 という思いがひっくりかえされました005.gif
2009年の現代でも ぐっとくる話です
今日3階席にいた 芸術鑑賞会らしい女子高生の方たちは
どのような感想をもったのでしょう

平成18年 三越劇場での 中村獅童丈の主演の時は
三幕目の油まみれでの立ち廻りで 本当にけがをしてしまうのではないかと 怖いくらい
実際 獅童さんの足は 青あざだらけでした
友人のフランス人カップルと 一緒にいったのですが
彼らも こんなacutualité(現代性)のある ストーリーなんだ!
と驚いていました

今日は15日と同じ 1階1列目だったので
仁左衛門丈の 
指先の動き 目線の流れ 背中の角度 せりふの間の息遣い 圧巻でした
久しぶりに
同じ時代に生きていてよかったと思わせられた 舞台でした

建て替え というか すべてなくなって変わってしまうんですよね
今の歌舞伎座007.gif
e0173558_20294675.jpg
e0173558_20301985.jpg
e0173558_20304060.jpg


終演後は 鳴神NARUKAMI で おいしい日本茶をいただきました
e0173558_20311156.jpg

[PR]
by yumimille | 2009-06-24 20:43 | お出かけ